Excel

エクセルで飛び飛びの行にまたがって指定文字列が何箇所あるかカウントする方法

エクセルのCOUNTIF関数を使って飛び飛びの行にまたがって指定文字列が何箇所あるかカウントする方法をご紹介します。

エクセルで飛び飛びの行にまたがって指定文字列が何箇所あるかカウントするイメージ

表内の2、4、6行目に指定文字列(JavaScript、PHP、CSS、WordPress、HTML)が何箇所あるかカウントします。

クセルで飛び飛びの行にまたがって指定文字列が何箇所あるかカウントするイメージ

エクセルのCOUNTIF関数を使って飛び飛びの行にまたがって指定文字列が何箇所あるかカウントする関数の記述

※エクセルのセル(B9)指定文字列の「JavaScript」が表内の2、4、6行目に何箇所あるかカウントしたい場合以下の関数を記述します。

=COUNTIF(2:2,B9)+COUNTIF(4:4,B9)+COUNTIF(6:6,B9)

COUNTIFを複数行に飛び飛びで指定した時のイメージ

エクセルのCOUNTIF関数を使って飛び飛びの行にまたがって指定文字列が何箇所あるかカウントする関数のイメージ

参考ファイル:yo1tec/countif

以下より参考ファイルがダウンロード出来ます。
yo1tec/countif

 
※流用される場合は自己責任でお願いします。