【XAMPP(ザンプ)】作業用ディレクトリをバーチャルホストにする手順

【XAMPP(ザンプ)】作業用ディレクトリをバーチャルホストにする手順

前回「WindowsでPHPを動かすための環境構築手順【XAMPP(ザンプ)】」を紹介しました。
XAMPPインストール後のデフォルトバーチャルホスト(localhost)は「C:¥xampp」にインストールした場合「C:¥xampp¥htdocs」配下となります。
私の場合サイトや案件頃に作業ディレクトリを別けたいので

例)
C:¥xampp¥htdocs¥worksite1
C:¥xampp¥htdocs¥worksite2

の様にしたく、その設定手順となります。
パソコン環境はWindows10です。

Windowsのhostsファイルを編集して作業用ローカルURL(ドメイン名)を追記

「C:¥Windows¥System32¥drivers¥etc¥hosts」ファイルを開きます。
開くと時Windowsのメモ帳を「管理者として実行」で開く必要があります。
デスクトップ左下「ここに入力して検索」から「メモ帳」を検索します。
(Windowsマークをクリックしてメモ帳を表示させてもOKです)
「メモ帳」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックして開きます。

「メモ帳」を右クリックイメージ

 
メモ帳が起動したらメモ帳の「ファイル」→「開く」→「C:¥Windows¥System32¥drivers¥etc¥hosts」ファイルを選択します。
「hosts」ファイルが表示されない場合は右下の「すべてのファイル」を選択してください。

メモ帳ファイル選択イメージ

 
ファイルの一番下に、作業用ローカルURL(ドメイン名)

127.0.0.1       localworksite1

を追記します。

XAMPPの作業ディレクトリとローカルURL(ドメイン名)の設定

「C:¥xampp¥apache¥conf¥extra¥httpd-vhosts.conf」ファイルをエディターまたはメモ帳で開きます。

作業フォルダ(DocumentRoot):C:¥xampp¥htdocs¥worksite1
作業用ローカルURL(ServerName):localworksite1 ← 「hosts」ファイルに追記したURL
作業フォルダアクセス権(Directory):C:¥xampp¥htdocs¥worksite1 ← ブラウザに作業ディレクトリを表示させる設定

上記設定を以下の通りで、「httpd-vhosts.conf」ファイルの最後に追記します。

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "C:\xampp\htdocs\worksite1"
    ServerName localworksite1
</VirtualHost>

<Directory "C:\xampp\htdocs\worksite1">
    Options Indexes
    AllowOverride All
    Require all granted
</Directory>

XAMPPの作業ディレクトリにindex.phpファイルを用意

XAMPPの作業ディレクトリに
C:¥xampp¥htdocs¥worksite1¥index.php
ファイル

<?php
print "hellow world!!";
?>

を用意します。

XAMPPを起動してブラウザで表示確認

XAMPPを起動し、

XAMPPを起動イメージ

「Start」をクリックします。

設定したローカルURL
「http://localworksite1/」
を開けば作業ディレクトリに置いてるファイル(index.php)が表示されます。

ローカルURLイメージ