CSS

GoogleフォントのNoto Sans Japaneseをcssで使う方法

GoogleフォントのNoto Sans Japaneseを「head内にlinkタグで読み込んで表示する方法」と「style内に@importで読み込んで表示する方法」をご紹介します。

GoogleフォントNoto Sans Japanese

GoogleフォントNoto Sans Japaneseの参照元は以下のサイトで確認できます。
利用するフォントの太さだけ選択して利用できます。

Noto Sans Japanese

Noto Sans Japaneseをhead内にlinkタグで読み込んで表示する方法

headタグ内に以下を記述します。

<link rel="preconnect" href="https://fonts.googleapis.com">
<link rel="preconnect" href="https://fonts.gstatic.com" crossorigin>
<link href="https://fonts.googleapis.com/css2?family=Noto+Sans+JP:wght@100;300;400;500;700;900&display=swap" rel="stylesheet">

 

styleタグまたはcssファイル内に以下を記述します。

body{
  font-family: 'Noto Sans JP', sans-serif;
  padding: 0;
  margin: 0;
  font-size: 30px;
  text-align: center;
}

※font-family以外は必要に応じて変更して下さい。

GoogleフォントNoto Sans Japaneseをhead内にlinkタグで読み込んで表示するデモページ

GoogleフォントNoto Sans Japaneseをhead内にlinkタグで読み込んで表示するデモ

Noto Sans Japaneseをstyle内に@importで読み込んで表示する方法

styleタグまたはcssファイル内に以下を記述します。

@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Noto+Sans+JP:wght@100;300;400;500;700;900&display=swap');

body{
  font-family: 'Noto Sans JP', sans-serif;
  padding: 0;
  margin: 0;
  font-size: 30px;
  text-align: center;
}

※font-family以外は必要に応じて変更して下さい。

GoogleフォントNoto Sans Japaneseをstyle内に@importで読み込んで表示するデモページ

GoogleフォントNoto Sans Japaneseをstyle内に@importで読み込んで表示するデモ

※流用される場合は自己責任でお願いします。
 デモページタグ内のGoogleアナリティクスタグは流用しないで下さい。